入れ歯

入れ歯に違和感がある方へ

入れ歯においては、違和感を感じている方がほとんどではないでしょうか。入れ歯のお悩みは年代によってもさまざま、またなかなか一度や二度では解決しないものです。
入れ歯による痛みがあると、食事がおいしくできないだけではなく、痛みから顔つきも変わってしまうこともあります。入れ歯の違和感を感じたら、すぐにご相談いただければと思います。
これから入れ歯をつくろうと思われている方に対しては、まず「入れ歯を入れる」ということをご納得していただくところから始まります。いくら良い入れ歯をつくったとしても、ご本人が納得されないままですと、治療効果も半減してしまいます。

入れ歯に関するお悩みも、補綴専門医としてお応えいたしております。
小さなことでもどうぞご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い 

保険内で入れ歯を入れることももちろん可能ではありますが、限られた費用・素材の中で入れ歯をつくることは、正直なところあまりお勧めいたしておりません。適合が悪い場合が多々あるためです。
それに比べて、自費での入れ歯は、保険使用の入れ歯よりも費用が高くはなりますが、さまざまな材料から、また良い型取りでつくることができます。腕の良い歯科技工士さんにつくってもらうことも可能となります。
部分入れ歯は81,000円~、総入れ歯は203,000円~253,000円ほどで制作が可能です。

部分入れ歯につきまして

「部分入れ歯」というと抵抗がある方もいらっしゃいますが、インプラントに比べ歯の適合性が良く、また破損などが起こった際のリカバリーがしやすいというメリットもあります。
当院では、特に金属を用いた部分入れ歯をお勧めいたしております。
「金属の部分入れ歯は高い」というイメージがあると思いますが、当院では優秀な技工所との提携により、通常の半額以下(73,500円~99,750円)の価格で制作することができます。

当院の金属の部分入れ歯のメリットは以下の通りです。

  • 金属で薄くできるので違和感が少ない
  • 特殊設計により鈎歯(ばねの掛る歯)に優しい
  • 審美性に優れる
  • 価格が安い

部分入れ歯のご相談もお気軽にしていただければと思います。

総入れ歯につきまして

総入れ歯に関しても、部分入れ歯同様、他に治療の方法がない場合にお勧めする治療法のひとつとなっていますが、特に下の総入れ歯は痛みを感じやすく、またズレも生じやすいものとなります。せっかく入れ歯をつくっても、その入れ歯が痛みやズレが生じやすいものならば、その都度不具合の調整をしなければいけません。患者様に合う入れ歯になるよう、制作には細心の注意と技術が必要です。
現在は技術の進歩により、入れ歯にもさまざまな種類があります。歯根が残っている場合には、磁石等のアタッチメントを入れて入れ歯を制作する方法や、インプラントを埋め込んでから入れ歯を制作する方法などもあります。

当院では、患者様がどんな方法を取るのが最適なのか、突き詰めればどうすれば日常生活のなかで「幸せ」と感じるのかを、患者様とともに考えます。
そのうえで最適な治療法をご提案し、実際の治療を行っております。

料金

部分入れ歯(金属)81,000円~
総入れ歯(レジン)153,000円~
総入れ歯(金属)253,000円~(保険適用で213,000円~)

※全て税抜き価格になります。

上記は保険適用外の治療になります。

  • オフィシャルサイトオフィシャルサイト
  • お知らせお知らせ

いつでも、なんでもご相談ください

どんな些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話はこちらから 045-311-3925
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら